2017年10月13日

北陸旅行記 三日目

楽しい日々が過ぎるのは早く、今回の旅も最終日。
このホテルでは朝食付きにしていたので、しっかり食事をして出発。

今日は何も予定をたてていないので、行き当たりばったりの観光。
まずはせっかく石川に来たということで温泉へ。
いくつかある中で、山代温泉を選択。

山代温泉総湯。

平日の午前中ということもあり、地元民がパラパラ。

総湯の向かいに古総湯もあり、せっかくなのでそちらにも入浴。

こちらは湯舟だけの歴史がありそうな雰囲気の浴室。
ここから山代温泉が開かれたという感じだろうか。

平日の昼前なので仕方ないのだろうが、閑散とした温泉街。
いい温泉や観光場所があっても、賑わいを保っていくのはどこも大変なことなんだと実感する。

旅の疲れも少し取れ、山代温泉を後にして次に向かったのは、北陸観光スポット定番の
東尋坊。

さすがの断崖絶壁。

台風が過ぎて間もないのもあってか、強い波風。

ただ和歌山にいるとこの景色はそんなに珍しいものではない。
私的には、白崎海岸や三段壁の方が好み。

昼も少し過ぎたのでそろそろ帰路に、と思っていたが途中で気になる建造物を発見。

越前丸岡城。

現存する日本最古の城だそうだ。
てっぺんまで登り、城主気分を味わう。
高所が苦手なオコ姫も足を震わせながらてっぺんまで付き合ってくれた。

和歌山城と比べると・・・
もうこれ以上比較はやめておこう。それぞれに特徴がありいいところもたくさんあるのだから。

丸岡城を後にして本当に帰路にと思ったが、オコ姫の知り合いが滋賀で居酒屋をOPENしたということで
夜ごはんに立ち寄ることになった。
というわけで、まだ開店には時間があるということで、以前から看板だけしか見たことのなかった

永平寺へ。





今まで見たお寺の中で一番の大きさかも。
ただ広大なので、疲労が溜まったオコ姫を入口に残し一人でお参り。
まあさすがに久しぶりに色々観光したのでお疲れだな。

お参りの後は、遅めの昼食。

門前で温かい蕎麦をいただいた。

その後、滋賀の居酒屋に立ち寄り、その日のうちに無事和歌山に。
帰ってきた瞬間、やっぱり家が一番と思ってしまうのは私だけだろうか。
  


Posted by 晴男 at 13:16Comments(0)和歌山県外

2017年10月11日

北陸旅行記 二日目 其の三

暑さも少しマシになってきたので定番の兼六園に向かう。
美術館から兼六園に行く途中に、能楽堂なる建物があった。

こちらも大正ロマンないい感じの建造物。

兼六園に到着。
撮影スポットらしく人が集まっている。


対岸からも撮影。


なかなか広い敷地なので、回るのも大変。

初めての兼六園。まだ私には少し早すぎたか。
ただ紅葉か雪景色の時に来てみたいと思った。

兼六園を後にして、ぶらっとサイクリング。

本に載っていた尾山神社神門。

ガラスはステンドグラスだったりで、こんなの初めて見た。
鳥居や神社より目立っている気がする。

一旦、ホテルに戻り温泉へ。時間帯も良かったのか貸切状態。
旅の疲れも少し取れた気がする。

日も暮れ、腹が減ってきたので今夜の晩御飯処を探す。
ホテルでおすすめの店をいくつか聞いた中で、またまた能登牛のある店に。

久しぶりに日本酒も飲みたかったので、

居酒屋 むさしへ。

昨日に引き続き、生ビールで乾杯。
つきだしも美味しい。

基本つきだしはいらないと思うが、まあ美味しいと何とも思わない。
何も知らない若造のころは、居酒屋ってサービスいいなあと思っていたが、
きっちりお勘定に含まれていると知ったのは、数年後だった気がする。

鯛のカルパッチョ。


蒸し野菜の盛合せ。


いちじく生ハムのせ。


能登牛ステーキ。


日本酒の写真は撮り忘れたが、石川の地酒をいただいた。
今回の旅行で一番バランスよく食べることができた気がする。味も満足。

もう一軒と行きたかったが、最終日に備えホテルの部屋飲みに落ち着いた。





  


Posted by 晴男 at 13:03Comments(0)和歌山県外

2017年10月05日

北陸旅行記 二日目 其の二

金箔ソフトを満喫した後は、少し早いがホテルへ。

金沢白鳥路 ホテル山楽。

大正ロマンな感じ。

ただ外観は普通のビジネスホテル。
早くホテルに来たのは、ここで自転車をレンタル予約していたから。
今回の目的観光地が微妙に近場。徒歩では遠いが、車で回るほどでもという感じ。
街のレンタルサイクルもあったのだが、少し面倒な気がしたのでホテルで予約した。

チェックインにはまだ早いので、荷物と車を預け早速サイクリング観光。
まずは、ひがし茶屋街。


この通りはTVでもよく見ていた。


平日でも人は多い。

少し汗ばむ陽気だったが、着物姿の若者も多かった。

昔のまま残っているのは素晴らしい。

やはり大規模な空襲がなかったのが幸いしたのだろう。
和歌山も空襲がなければ、少しくらいは城下町の雰囲気は残っていたのだろうか。



川を挟んだ向こう側には、こちら側とは違うお茶屋さんが立ち並んでいる。

京都の祇園と言ったところだろうか。

ひがし茶屋街を後にして、次に向かうは石川県立美術館。
ここには美術系が目的ではなく、有名なパティシエのパティスリー&カフェに。

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

私はセラヴィというホワイトチョコムースのケーキと、レアチーズのケーキ。


オコ姫はモンブラン。


味は・・・残念ながら私たちの好みではなかった。
ちょっとお高めで、有名パティシエということで期待していたが、どれも私たちには合わなかった。
まあプロデュースだけで本人が作っているわけではないだろうからしょうがないか。

暑い中急な坂道を登ってきて、オコ姫もかなり疲れていたようだが
休憩もできたので頑張って次の目的地を目指す。  


Posted by 晴男 at 12:05Comments(0)和歌山県外

2017年10月02日

北陸旅行記 二日目 其の一

二日目は少し早めの起床。
朝食に海鮮丼を求めて近江町市場に出向く。


定番のまっぷる金沢に載っていた店、市場屋に到着。

選択肢の一つは朝早くから開いている店だったから。

海鮮丼は豪華だが、好みの魚介類が少ないのであえて好物のブリ丼を注文。


オコ姫は朝から生魚は無理ということで、おでん盛り。

魚もまた和歌山県民には当たり前に見てるし、食べてるので特別な感動は特になし。
でも新鮮で美味しいのは間違いない。
あと朝早くても、アジア系の観光客の多さには驚く。

腹ごしらえも済んだので、オコ姫第一の目的地、長町武家屋敷跡を目指す。

全ての目的地が近くなので、車で数分で到着。
小京都と言われるだけあって、なかなかの雰囲気。


ここもまた、外国人が多い。


ニッチェ?とかいう芸人も収録に来ていた。

ここでは九谷焼をメインで来たかったらしい。
高価な物には手が出ないが、安価でもいい物がたくさんあった。

金箔ソフト。

私はネタとしてこれで大満足。
味は普通のソフトクリームの味。あくまでも見た目だな。

和を満喫したところで、少し早いがホテルに向かう。
午後からはサイクリング観光だ。  




  


Posted by 晴男 at 15:02Comments(0)和歌山県外

2017年09月30日

北陸旅行記 一日目

先日の台風が過ぎ去った翌日から久しぶりに連休が取れたので
オコ姫とともに北陸の旅へ。
メインは金沢。新幹線ができてから観光客はかなり増えたらしいが昔からも多かった気がする。
私自身、約十年ぶりの金沢。

昼過ぎに出発。
多賀SAまでノンストップで遅めの昼飯。ランチではなく露店の近江牛串と近江牛焼きそば。
北陸ではないが、ご当地物を食す。
金沢西ICで降りるのだが、その手前の徳光PAで二回目の休憩。
そこからの日本海。

和歌山にいるとほぼ毎日のように海を見るので特に感動はないが
台風明けの海の荒波は日本海らしかった。海岸の長さもなかなかのものだ。
ちなみにこのPAで加賀棒茶ソフトとたい焼きを食す。
私の旅は観光よりもご当地物を食すのが楽しみ。
観光場所はオコ姫プラン。
金沢の地に降り立ち、予約していた駅近くのビジネスホテルにチェックイン。
初日は観光プランがないので、夕食の店を探しに駅周辺をぶらぶら。

お決まりの金沢駅前。


遅めの昼飯に、おやつもいただいていたので範囲を広げてぶらり。
いくつか候補があったが、最終的に

居酒屋 長八 金沢駅前店

に決定。ここに決めた要因は、能登牛と のどぐろ、の両方を食べれるということ。
祝日ということもあり、なかなかの賑わい。予約もしていないので無理かと思ったが
そんなに待たないで席が空くということなので、待つことにした。
残念なのは、後から来たお客さんを先に席に通してしまった店員さん・・・
まあ二度と来ることはないから別にいいが。

まずは能登牛のカルパッチョ。


能登牛のユッケ仕立て。

軍艦巻きでも食べた。
能登牛の炙り焼。

能登牛のフルコースだな。

最後は、炙りのど黒の棒寿司。


初日にしてなかなかの北陸飯三昧。どれも美味かった。やはりご当地物に限る。
まあ、地元民が行く店に行きたかったが、それはまた訪れた時にとっておこう。

二日目は自転車と徒歩の観光が待っている。今夜は早めに寝床に着いた。
  


Posted by 晴男 at 12:19Comments(0)和歌山県外

2017年09月17日

和歌山でステーキからの怖い絵。

台風ということで、いつも以上に外の片づけをしたが
今のところ気配なし。ありがたいことだ。
夕方からが本格的になりそうだが。

さて、先日コーナンに買い物に行き、なんだか肉が食べたくなったので、
何度か信号で止まった時に、ちょうど真横に見えて気になっていた

ステーキハウス リオ

に行ってきた。
ステーキハウスだけあって、カウンターに鉄板のスタイル。


昨年の11月にOPENで、ランチは今年の3月からのスタートらしい。

私はミックスランチで、オコ姫はステーキランチ。

まずは肉以外。充分にいい香りが漂う。

ランチでも目の前で焼いてくれる。いい高級感。

そしてメインの肉。

量的に肉の物足りなさはあるが、ご飯も無料でおかわりできるので、お腹は満たされる。

夫婦で経営されており、アットホームなステーキハウス。
気さくに話してくださり、こちらも気さくに話した。これがカウンターで飲食する醍醐味。
一つだけリクエストするなら、何処産の肉か分かれば、なおいいような気がした。

別の日ではあるが、オコ姫リクエストで「怖い絵展」へ。

神戸の県立美術館で展示されている。

凄い人気のようで、平日でも駐車場もいっぱいだ。
近くのケーズデンキに駐車した。ちなみに1000円の買い物で、3時間無料。




なかなか奥の深い怖い絵。
音声案内をレンタルしたが、私には必要なかった。
久しぶりに芸術を堪能した一日だった。

神戸でステーキを食べなかったのが心残りだが。
  


Posted by 晴男 at 11:33Comments(0)和歌山県外

2017年09月14日

娘とぶらり。~大阪編その2~

ゲリラ豪雨に襲われた梅田ぶらりだが、都会は地下でつながっているのであまり影響はなかった。

梅田の次は天保山で夕暮れの撮影だそうだ。
まだ少し時間があるのでマーケットプレイスでぶらぶら。

過去に一度乗ったことがある大観覧車。
娘は興味はないようだ。まあ、いつか彼氏と来れば喜んで乗るのだろうが。

そろそろ陽が沈みそうなので、近くの大阪港ダイヤモンドポイントに移動しようとしたが、
空は厚い雲に覆われたため移動は断念。

だが、なかなか神々しい感じがする。

ちょうどサンタマリア号も出発。私的にはいい絵が撮れた。


夕日の撮影を諦めて、次に目指すはあべのハルカス。
ただ、移動途中に大きく真っ赤な夕日が姿を現したことはスルーしておこう。

ハルカス展望台の前に腹ごしらえ。
HOOPの地下にある、
「和パスタ こなな」

~きのこと厚切りベーコンの半熟卵添え~

腹も満たされ、いざ展望台へ。

満月もきれいに出ていた。眠らなさそうな街灯り。
スマホでの撮影なのでこれが限界。私の知識と腕にも問題はあると思うが。

違う場所からも撮影。

なんか未来空間にいる気分。
娘も昼間に来たことがあるそうだが、夜景は初めてのようで喜んでいた。
親父にとってはうれしい限りだ。
親父は屋上庭園のビアガーデンを満喫しているサラリーマンが羨ましかった。

そして帰路に。
で、終わりかと思ったら、最後に工場夜景撮影がプランにあった。
高石市の工業地帯に。

阪神高速から見える景色程まではいかないが、工場夜景ファンからするとたまらない場所だろう。

そして、本当に帰路に。
また娘からのお誘いを楽しみにしておこう。

  


Posted by 晴男 at 19:26Comments(0)和歌山県外

2017年09月12日

娘とぶらり。~大阪編その1~

今回は娘のお誘いで大阪へ。
来年高校受験ではあるが、そこそこ遊んでいる・・・
よくそんなに娘と二人で出かけるな、と言われるがあまり意識したことはない。
訳あって、娘と一緒に暮らしていないというのもあると思うが。

娘が遠足のように、プランを考えてくれていた。
まずは梅田でランチ。
ヒルトンプラザホールにある、「グランカフェ


さすがは贅沢な空間。


私はウイークデイ限定のよくばりプレート。

立地のわりにお手頃価格。

種類はなかなかの欲張り具合だったが、私にはボリュームが物足りない。あと二つくらいパンがあっても良かった。
女性目線といったところだろうか。


娘はサンドイッチ。

ちょうどいい量だったようだ。

食後のデザート。


娘はケーキも追加で。


大きな窓からは大阪駅周辺を一望できる。
夜景もきれいだろう。

ランチの後は梅田周辺をぶらぶら。
その後は夕日を求めて天保山へ。。。  


Posted by 晴男 at 20:28Comments(0)和歌山県外

2017年06月26日

京都の紫陽花寺

久しぶりに連休が取れたのでプチ遠出。
京都に行ってきた。
以前、大阪に住んでいた時に京都にはかなり行ったので、有名どころはほぼ行きつくしていたが、
今回は初めての宇治にある

『三室戸寺』



宇治は修復工事前の平等院鳳凰堂に来て以来。
平日ではあったがかなりの参拝者。

三重塔もあり立派なお寺。

触れば運が付く神様Part1。夜見たら泣きそう。

触れば運が付く神様Part2。よく似たのが海南のある神社にもあった。黒いのが。


今回の目的は、あじさい。オコ姫が大好きな花の一つ。

私自身もここまで咲いているのを見るのは初めて。
人が多いのも納得。さすがは京都。

カメラ小僧ではなく、カメラ爺。かなりのカメラ爺婆がいた。老後の趣味にはいい感じだろう。


オコ姫も紛れて撮影していた。


その後、第二目的地の京都高島屋。
腹が減ったのでランチ。デパートのランチは割高だが致し方ない。

二人の食べたいものが揃ってる店で。
ざるそばと、ステーキ。


街ブラして店を探索もしたかったが、腹減り限界だったのでそこそこ旨かった。
特に解説はないのだが。

思い立って来たので旅館やホテルの予定もしていなかったので、今回は日帰りで。
次回は久しぶりに、京都定番観光地も回ってみるのもいいかもしれない。
  


Posted by 晴男 at 12:04Comments(0)和歌山県外

2017年05月20日

チーズ菓子専門のカフェ

先日久しぶりに大阪へ。
第一目的は、ハーレーの整備で門真のバイク屋さんへ。
自分が乗る年式の整備プロフェッショナルがおられるので、初めてだが行ってみた。
特に写真もないので、詳細は整備が完了して引き取りに行ってからにしよう。

バイクを預けるのでオコ姫に車で同行してもらったので、お礼に初めてのハルカスへ連れていく。
と言っても、オコ姫は高所恐怖症なので展望台には行かず、下層階、近鉄あたりでの買い物がお目当て。
しばらくブラブラして、ちょっと休憩に立ち寄ったチーズケーキカフェ、

フォルマ帝塚山

小腹もすいていたので、サンドイッチ。

サンドイッチにもチーズケーキが付いている。しかも数種類から選べる。

本命のチーズケーキ。単品でも頼めるが、迷ってしまうので5種のケーキセットにした。


さすが専門店。濃厚でどれもうまい。単品では少し小さいかもしれないが、5種にすれば大満足。
結果ちょうどいい大きさ。紅茶との相性がまた良かった。大満足。ハルカスに来てよかったな。

次回は、地下のショップで買って帰ろう。
そして展望台もチャレンジしてほしい。


  


Posted by 晴男 at 12:13Comments(0)和歌山県外